足して10、掛けて40になる2つの数字分かりますか?

雑誌ニュートン好きでほぼ毎回買っています

2020年1月号、

今月は虚数『i 』についての特集・・・


よくもまあ、こんな数字を思いつきましたね

2乗するとマイナス(-)になる数字

虚数

自然数、整数、無理数などと進んでいって行きついた先が虚数

という感じでしょうか?

虚数を突き詰めていったのが

数学が苦手な方でも名前ぐらいは知っているであろう

レオンハルト・オイラー


wikipediaより

有名なオイラーの公式
虚数を使うことによって三角関数と指数関数の関係を明らかにしました。

あ・・・

かの有名なホーキング博士量子宇宙論で虚時間ってのを提案したんでしたっけ?

我々の住んでいる3次元空間に時間の概念を加えると虚数を使わないとだめらしいし・・・

一番有名なのは

シュレディンガーの猫で有名な

シュレディンガーの

シュレディンガー方程式ですかね?


wikipediaより

虚数がないことには量子論が語れないって事みたいです。

因みにシュレディンガーの猫って

図解雑学『量子論』より


これの何が面白いのかがさっぱりわからない・・・

自分は古典物理学で止まっている人間です(;^_^A

さて、タイトルの答えですけど

2つの数字

ヒントは虚数と平方根です。


あおい歯科クリニックは削らない虫歯治療ドックベストセメント治療・オーソモレキュラー医学に基づく栄養療法、プロバイオティクス・サプリメント外来・プラセンタ治療、金属アレルギー検査も行っています
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


 
第15期分子栄養学実践講座が始まります7月31日まで割引だそうです 詳細とご購入はこちらをクリックしてください。ここから申し込んだ場合、口腔内チェックのサービスがあります

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)