糖質制限と運動とコルチゾール(昨日の続きだよ)

前回の続きです。
糖質を入れると回路が回りやすいというお話をしましたが。
痩せたい方必見・・・というほど大げさなものではないのですが(笑)効率よくダイエットしていくにはここで同時にBCAAを入れていかなければなりません。というかBCAAをいれることによって持久力アップ、筋肉の減少を防ぐことが出来ます。有名どころではVAMMとかアミノバイタルとかその辺りでしょうか。

激しい運動によって筋肉が分解されるのですがそれを防ぐのがBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)です。また運動時に持久力や瞬発力を高めたり運動後に筋力の成長や修復を助けます。
さて、激しい運動をすることによってもう一つ気がかりなことがあります。
激しい運動はやはりストレスですので・・・ここまで書けばすぐにわかると思いますが
抗ストレスホルモンのコルチゾールが過剰供給されます。
このコルチゾール、脂肪を付きやすくしますが同時に筋肉を消化させるという厄介な代物です。
コルチゾールは副腎から生産されています。このコルチゾール過多の状態が長く続くと副腎疲労の状態になります。ここで登場するのがビタミンCになります。ビタミンCはコルチゾールの原料となると同時に働き過ぎた副腎を休める役割もありますのでうまく活用していきたいですね。
夜に寝られない人、寝つきが悪い人は、夜中に目が覚める人は交感神経緊張状態の事もありますから寝る前にビタミンB総合・・・悪い夢を見る事が多い人には必須です。それとビタミンCを摂るのもいいんでしょうね。

結論的には運動前にはおにぎりなど(というか他に良質な糖質がわからないです。サツマイモ、カボチャとかはいいよね)の糖質とBCAAを摂取して30~60分程度の運動、運動後はホエイプロテイン、(BCAAも?)同時にビタミンCを摂っていくのがお勧めではないかと勝手に思っております。という事で実践中です。

診療終了後におにぎりとVAMMを摂って、両手に1キロ、両足に1.5キロの負荷をかけて(リングにかけろでいう、ドラゴンリストとドラゴンアンクルです)ラジオ体操とルー・テーズ式スクワット、その後はワンダーコアで腹筋とツイスト、プッシュアップをやっていっています。運動時間は目安として名探偵コナンのコミック1冊分。これを読みながら腹筋をやっていっています。運動後はホエイプロテインとビタミンCです。
去年までは診療後のハイボールが最高!!なんて思っていましたが今は腹筋後のプロテインが最高!なんて思えてきました(笑)。
とりあえずは4月いっぱいまで今まで自由奔放に生きすぎた反省として糖質はご飯以外は控えてこの生活を続けていきます。




アミノバクトも有効なのかな?バリン・ロイシン・イソロイシンに特化しすぎている気もしますが・・・?

水銀含有のアマルガムは原因不明のアレルギー、体調不良、うつ、副腎疲労、カンジダ症など様々な病気の原因になりえます。
そして安易なアマルガム除去は大変危険です。
あおい歯科クリニックは安全なアマルガム除去を行っております。切削量の少ない虫歯治療の3Mix法、海外のホワイトニングシステム、オーソモレキュラー医学に基づく栄養療法、プロバイオティクス・サプリメント外来・プラセンタ治療、点滴療法、金属アレルギー検査、フードアレルギー検査等を行っています
副腎疲労症候群、慢性疲労症候群、カンジダ症、セリアック病、ノンセリアック病、リーキーガット症候群などでお困りの方もご相談ください。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック

登録してみました。よかったらポチッとしてください

健康と医療 ブログランキングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です