唾液の話ーその3-

インスタとアメブロに追いつくために更新スピード早めです

唾液の話その3

酸化ストレスと唾液腺の話
酸化ストレスは色々なところに悪影響を及ぼします。
もちろんそれは唾液腺にもダメージを与えちゃうって事です。
活性酸素⇒酸化ストレス
活性酸素が過剰に出ている状態スーパーオキシド(•O2–)、ヒドロキシラジカル(•OH)、過酸化水素 (H2O2)
この中で厄介なのはヒドロキシラジカルっていうやつ
OH基です
医師・歯科医師の方なら知っていると思いますが口腔がんの放射線治療で唾液腺に影響が出ちゃう
放射線が直接腺組織を攻撃もするのですが、水分子を電離させてフリーラジカルを作って、唾液腺を攻撃してきます。
あれ?放射線の話になっちゃった?
(;^_^A
そこで唾液腺に限らず酸化ストレス対策が必要になってきます
ビタミンCは有名ですよね?
あとはCoQ10、αリポ酸、グルタチオン、アスタキサンチン等々
このあたりは割と有名な話
そしてグルタチオンは人間が作れる最強の抗酸化物質です。
グルタチオンを作るには葉酸、B12,B6、セリン、システイン、Mg・・・
あれ?システイン聞いたことあるよな~ってひともいるかもしれません?
そう、あの薬局で売っているシミに効果的、美白効果に・・・ってやつ
システインが変換されてグルタチオンになります
それと尿酸も抗酸化物質です
なので尿酸は低けりゃいいってものじゃないんです
低い人はモリブデン不足なのか?ATPが作られていないか?
を考えなきゃいけません。
水素吸引もかなりいいと思いますよ
抗酸化という意味ではイチオシかしれない

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)