米アレルギー・・・

 


 米アレルギー・・・

うわさには聞いていたけど友人のお子様がアレルギー反応出てしまったそうです。
さて困った・・・
日本人が米を食べられないなんて・・・
米は是か非か
決着をつけようと思っていたのに・・・
いや、多分私の周囲の方々は決着はついていると思いますがブログ的にね、決着つけようと思っています。
近いうちに・・・さて米アレルギーというよりも米のタンパク成分にアレルギー反応を起こしている場合は
ほとんどのお米は暫くは食べられないでしょう。
ちょっと詳しく書きますと米のタンパク質は、その溶解性の違いにより、アルブミン、グロブリン、プロラミン、グルテリンに分類されます。
このプロラミンというタンパク成分は消化がなかなかできません。
これがアレルギーの元なんじゃないかと思っています。結局自分の考えとしては小麦もそうですがよりおいしく思わせようとした結果品種改良しすぎて
タンパク成分が変わって人間の体が追い付いていないためにアレルギー反応が出てしまうのではないかと思っています。
もう一つの理由は輸入した小麦、大豆には農薬、防腐剤、防虫剤が大量に使われていますので
そのあたりも影響しているのではないかと考えています。さて、お米の主成分のデンプンはアミロースとアミロペクチンできています。
米アレルギーは一般にはアミロペクチンに反応しているそうです。アミロペクチンとはあのお米のもちもち感を出す成分です。コシヒカリを系統に持つお米はこのアミロペクチンが多く含まれています。
最近のお米はコシヒカリじゃなくてもアミロペクチンの割合が多くなっていてこのもちもち感が更に出ています。このアミロペクチンはお湯でもなかなか溶けないそうですから腸内でも未消化、そこから腸の炎症が起きてアレルギー反応を起こしているんじゃないかな?と推測しています。結局は品種改良でコメのタンパク成分(相対的に難消化性のプロラミンも)は増えてしまった。そうするとお米はぱさぱさ感が増えてしまいます。
ぱさぱさ感を打ち消してもちもち感を出す為に必要以上にアミロペクチンの多い品種を開発してきた・・・それが米アレルギーの原因なんじゃないかと思っています。その中でユキヒカリっていうのはアミロペクチンが少な目の低アレルゲン米です。
【精米】ホクレン 北海道産 ゆきひかり 5kg 平成30年産
米アレルギーの人はユキヒカリだと症状あまり出ないそうです。タイ米なんかもいいと思います。ササニシキはアミロペクチンが少な目です。なのでまずは割と手に入りやすいササニシキを食べてみて、念のために食前食後に消化酵素飲んでアレルギーが出るかどうかでかね?

楽天でササニシキをチェック
ササニシキ

宮城県産 ササニシキ 10kg(5kg×2)【30年産】送料無料 29年 白米 お米 ご飯 ささにしき 宮城米 30年度産 ササニシキ10kg 10キロ 5キロ×2【TD】【TRS】【メーカー直送品】

Amazonでササニシキをチェック
ササニシキ


宮城県産ササニシキ 10kg(5kg×2) 平成30年産 【ささにしき お米 白米】

既に腸の炎症も起こしている可能性ありますからIgGフードアレルギー検査、広範囲便検査、尿検査もやってみる事は大事だと思います。安いお米なんか買っていたら中国産でカドミウムが入っていてそれに反応していたら大変ですけど。そのあたりも注意しないといけないですね。

アレルギー全般に感じる事ですが、離乳を早くやりすぎたり、健康のためと勘違いして毎日牛乳をたくさん飲ませたり、加工食品、スナック菓子、砂糖・・・この辺りの過剰摂取(すみません自分も摂っていないわけではないので過剰と書かせていただきました)が原因なのではないかと思います。お米だってメシっ食いがなっている感じですもんね。アレルギーがあるからそれを食べないようにするのではなく最終的にはそれを食べてもアレルギー反応が出ないような体にしていく・・・それを目標にしていきたいですね。

ササニシキへの思いが込められているサイトです
http://sasanishiki-pj.com/deta/nazekodawaru.pdf#search=’%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%AD+%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3′


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です