中学、高校の部活の範疇で鉄剤注射ってありえないですから!!

知っている人は知っている、知らない人は知らない・・・あたりまえですね。

自分が栄養療法の世界で嫌いなもの

糖質制限

カルシウムサプリ

プロテインサプリ

そして・・・

鉄サプリ

なんです。

今回かなりお怒りモードになっています。

高校駅伝の鉄剤注射の記事を読んだときに書こうと思っていたら・・・

更に・・・

鉄剤注射、中学生も調査へ・・・「低年齢化」の情報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00050108-yom-spo

って・・・

いや、まずいって、鉄の過剰は

将来肝硬変になる可能性高いし・・・肝がんとか・・・甲状腺、心臓・・・

何を考えているんだ?

目先のパフォーマンスしか考えないで・・・

貧血=鉄剤という、安易な鉄信仰がこういう結果を招くのです。

スポーツ・・・

とりわけ、足の裏に衝撃がかかるようなスポーツは貧血になりがちです。

でもそれは鉄欠乏で起きるわけではありません

もちろん、偏食や汗を多量にかくことで鉄欠乏になりがちです。

成長期の子供は鉄欠乏になりがちなのでここも偏食せず、お菓子も控える必要性、鉄の多い食べ物を選ぶとかが必要になってくるのですけれども・・・

成長期で過度のスポーツをやれば鉄欠乏になること必須。

じゃあ、これを鉄剤で補うかどうかは自己責任になるのですけど・・・

過度のスポーツをやっていれば酸化ストレスにさらされていますし、口呼吸になってしまいますから

上咽頭の炎症も起きているでしょう。炎症があれば鉄の吸収は抑えられてしまいます。

なのでここで鉄剤を飲んでも効果は限定的・・・

そこで鉄注射ってことを選んだのかもしれませんけど・・・


部活の範疇でやるか?

前回は高校駅伝、今回は中学生で・・・

この場合はパフォーマンスを上げるためですけど、部活の範疇ですからね?

そこまでする?

サプリメントなら勝手に飲んだとか自己責任になるけど

注射って・・・

普通にド貧血でもなかなか打ってくれないという噂の・・・
(あくまで私と患者さんとの間での会話なんですけどね)
鉄剤注射を・・・

鉄サプリならまだしも・・・

それでも鉄サプリは嫌いなんですけど、注射は鉄過剰が容易に起きてしまいます。

鉄過剰はとっても危険で

10年後、20年後に取り返しのつかないことになりますから!!

鉄過剰が改変危険な事ってお医者さんなら誰もが知っていると思うんですよ

これって医者としての責任とか何かなんないのかな?

自費診療だったら患者が希望したからいいって事になるのかな?

でもそれでも医者としての倫理はどうなの?って思うんですよね?

ある先生は殺人行為だって言ってましたけど・・・ホントそう思います。

鉄剤注射を悔やむ女子選手「高校時代は無知」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00050032-yom-spo

無知というか、知らせてくれなかった可能性もありますよね?

日本陸連は2016年にこのような警告を出しているにもかかわらず・・・

http://www.jaaf.or.jp/medical/anemia7.html

ここからチラシをダウンロードできますのでご活用ください

こういう風に書いてあるんですよ

こういうのを無視して、さらには選手にも読ませなかったという事ですね?

監督コーチにも重い責任あると思うんですけど?

これ、薬害AIDSよりも問題な気がするんですけど?

只今ブログの引っ越し作業中で鉄についての記事がもぐっている状態になっていますけど

また近いうちに復活させます。


いかに活性酸素を取り除くか

鉄を入れるよりもマグネシウムの方が大事だし、亜鉛、ビタミンE、コレステロール、ビタミンCビタミンB12・・・大事なもの色々ありますから!

そしていかに活性酸素を取り除くか?

ビタミンC点滴もそうですけど、サプリとしては活性酸素除去能力のあるソデッシュや

水素関係サプリや水素水、それと水素吸引

吸引が一番効率がいいようです。

水素サプリは『遵』

楽天で水素 遵

Amazonで水素 遵

水素水は生成器もしくは買う。水素水は名前だけというのもありますので、注意が必要です。

吸引は当院に来てサロン的に吸ってもらうか、生成器を買って自宅で好きなだけ擦ってもらうか

病院で吸ってもらう場合は20分1500円、60分4000円になります。

生成器購入はW水素ボトルというもの

この3種とも当院で取り扱っておりますので興味がある方はご連絡ください。

水素のお話はまた別で詳しく書いていこうと思いますが、大学駅伝チーム、大学野球、プロ野球、力士などいろいろなスポーツ選手が取り入れています。


1年ぶりに鉄セミナー行います。

今年はずっと忙しくて春以降セミナーができませんでしたが来年からまたやっていこうと思っています。

認知症と歯科について

口呼吸と姿勢について

水素について

抗真菌剤に頼らない口腔カンジダ症対策

虫歯と歯周病の本当の原因

等々ありますが

今回は鉄について

貧血=鉄じゃない

貧血には鉄欠乏以外にも色々種類がある。

貧血には必ず原因があるからその原因を見つけて対策して安易な鉄サプリ服用をやめようって内容です、

って事で、久しぶりに『鉄』についてのセミナーやります。
来年3月3日予定、11時頃から16時ころまで・・・
詳細は追ってお知らせします。


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ、3MIX)、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


 
第15期分子栄養学実践講座が始まります7月31日まで割引だそうです 詳細とご購入はこちらをクリックしてください。ここから申し込んだ場合、口腔内チェックのサービスがあります

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です