サプリメントービタミンDー

まずはビタミンDについて

アメリカ国立衛生研究所(NIH)「ビタミンD不足は世界的問題である」と指摘していますが、中国人と日本人は特に不足がちらしいで鵜す。世界的問題なのはマグネシウム不足もでして、そしてこのD不足とマグ不足は関係しているんでしょうね~。マグ不足だからD不足にもなるっていうのが関係していると思います。以前はVDの一日許容量は1000IUでしたが2000IUに引き上げられ今では4000IUになりました。でもこれは一般的な話で成人男性や妊婦さん、授乳中のお母さんにはもっと必要になります。


主なビタミンDの効果

インフルエンザなど感染症の予防
自己免疫疾患の予防
筋力アップ
がん予防(大腸がん、前立腺がん、子宮頚がんなど)
糖尿病予防
メタボ予防
動脈硬化・心臓疾患の予防
糖尿病予防
認知症・うつの予防
免疫力アップ
骨粗しょう症予防
アトピー改善
花粉症予防
死亡率の低下・アンチエイジング
ダイエット
子宮筋腫や月経困難症、不妊症
妊活
子供の成長
くる病予防
虫歯予防・歯周病予防


現在は海外のVDも採用しております。こちらはVKが入っていまして、VDの吸収を高めてくれます。

ビタミンKが必要かどううかは血液検査が必要になります。
基本はビタミンKが入っていてもかまわないと思います。


VK入りのビタミンD

いわゆるVD3+VK2というものです
以下、写真をクリックするとiHerbに飛びます(購入ではありません)

Solaray, ビタミンD3 + K2、大豆不使用、ベジカプセル60個Sports Research, ビタミンK2+D3、100mcg/5000IU、植物性ソフトゲル60粒

スプレータイプもあります


 

VDのみ

Doctor's Best, ビタミンD3、125 mcg (5000 IU)、ソフトジェル180個Sports Research, オーガニックココナッツオイル配合のビタミンD3、5000IU、ソフトカプセル360個

iHerbで購入できます。


ビタミンD注射

VD注射は5000円(税別)~で行っています。

一回量が60万IUなのですが後述しますがマグネシウムが足りないと判断した方には半分量で入れております。大体年に2~3回入れてあとはサプリで調節していけばオッケーです。


注意点

今まではビタミンDは多くとっても問題ない、副作用がないといわれていましたが
カルシウムやリンが過剰(基準値でも過剰と判断することがあります)
であったりマグネシウムが足りないと血管の石灰化が起きるといわれています。
ですので血液検査で確認した方が確実だと思います。
マグネシウムは常にマグネシウム単体(カルシウムの入っていないもの。いわゆるカルマグ)でないもの。

ビタミンDはビタミンAと受容体が同じなのでDばかりを摂るとA不足になってしまいます。対策としては蜜柑、カボチャ、ホウレンソウ、ニンジンなどもしっかり食べる事です。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です