認知症対策にプラズマローゲン

もうね、認知症は他人事じゃないんです。

認知症ネットの記事を読んでみてください

2025年の認知症患者は、2012年の約1.5倍に増加する見込み

https://info.ninchisho.net/archives/2666


認知症ネットより・・・
きれいな画像は上記のリンクよりお読みください。

2025年、認知症患者は65歳以上の5人に一人・・・
65歳以上の割合が30%ですから・・・
ん?計算が・・・
3600万人の20%・・・
5で割って・・・
1200万人?
内閣府の計算では700万人らしいです。
https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/html/gaiyou/s1_2_3.html
これ、ほんと、ヤバいですって

去年あたりまでは発達障害の子供を何とかしてあげたいと思っていましたが
もしかしたらこっちを何とかしないと子供まで手が回らないのでは?と思ってきました。

認知症の原因は脳疲労?

一言でいればストレス

その中には酸化ストレスも入ってきます

ストレスは例えば寝不足なんかも入ってきますし

血管系のストレス、酸化ストレスですね

例えばタバコ、排気ガス、食品添加物、糖質の摂り過ぎなどなど

ストレスなどによって脳にストレスがかかり認知異常、五感異常・・・

同時に脳のダウンサイジング・・・

そして認知症は突然やってくるものではなく20年以上の蓄積が問題になってきます。

ですので40歳前後の時から普段からの認知症対策が必要になってきます。

 

プラズマローゲン

認知症対策で近年注目を集めているのがリン脂質の一種であるプラズマローゲンです。

ヒトのリン脂質に含まれていて体内のほぼすべての組織に含まれているそうです

1995年にアルツハイマー患者の死体の脳にはプラズマローゲンが少ないということから

アルツハイマー型認知症との関係が研究され始めたそうです。

プラズマローゲンが認知症に効果がある理由・・・

ストレスが脳細胞を酸化させて死滅させるのですがプラズマローゲンは脳細胞の代わりにストレスを受け止めてくれるそうです。いわば人身御供みたいなもの

アルツハイマーといえばアミロイドベータですが、その蓄積も防いでくれるらしいです。

ストレスが多ければ多いほど脳へのダメージも多くなりそれを受け止めるプラズマローゲンの消費も増えていきます・・・ですのでその分のプラズマローゲンを補充しなくちゃいけない

どうやってプラズマローゲンを入れるの?

プラズマローゲンというと鶏むね肉、ホヤ、ホタテらしいですが

他にもホタテがいいようです

当院でも来年早々にホタテ由来のプラズマローゲンを取り扱う予定です。

     

数量限定でハードカプセル2粒の試供品付きの冊子をお渡ししています。(来院した方のみ)

ネットで買うとしたら・・・このあたりでしょうか?


 

これもホタテが原料らしいです

普段ストレスを感じている方は試してみてください
なんか思いっきり宣伝みたいな内容になってしまいましたね(;^_^A

あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


 

 

 
第15期分子栄養学実践講座が始まります7月31日まで割引だそうです 詳細とご購入はこちらをクリックしてください。ここから申し込んだ場合、口腔内チェックのサービスがあります

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です