オリーブの葉が エボラ出血熱をやっつけるかもしれない

オリーブの葉は天然の抗生剤の代わりにもなるほどの抗生剤様効果があります。
免疫力を上げて、直接細菌やウイルスを攻撃するそうです。
オリーブの葉の基本成分はフェノールでこの成分はラテン語で「オーレユーロペン」と呼ばれています。このオーレユーロペンを加水分解して抽出された「エレノール酸カルシウム」にバクテリアやウィルスの成長を抑える強力な殺菌作用があることがわかりました。オリーブ葉エキスが効果を発揮する感染症例として

インフルエンザ
おたふくカゼ
ヘルペス
カンピロバクター症(ピロリ感染)
レトロウイルス感染症
ロタウイルス感染症
性感染症
EBウイルス感染症
気管支炎
ブドウ球菌食中毒
膀胱・尿路感染症
結膜炎
麻疹
腸チフス
中耳炎
クラジミア
カンジタ症
水虫
肝炎
単核球症
破傷風
百日咳
ポリオ
風疹
トリコモナス症
リウマチ熱
炭疽菌

などで広範囲で細菌・ウイルスに効果があることがわかります。
またエイズウイルスに対しても効果があって免疫力が向上したとの事です。

炎症全般に効果がありますので喉が痛いときにカプセルの中をお湯に溶かしてガラガラうがい、ブクブクうがいをしていくと痛みが軽減します。

そう考えると今回大流行しているエボラ出血熱に対しても何らかの効果があるのでは?
などと考えてネットで調べたらヒットしました。

http://www.daitai.info/olive2.html

http://nutmed.exblog.jp/20999456

カプセルの内容はオリーブ葉抽出物、グレープフルーツ抽出物、エキナセア抽出物、ヨモギ抽出物、ゴボウ末、ニンニク末、セルロース、ステアリン酸カルシウム、酸化ケイ素・・・この酸化ケイ素は別の目的で入っていると思うので効果は期待しない方がいいですし、もっといいケイ素があります。まあ、それにしてもこりゃあ、効果がないわけがない!!というような内容です。これに同社で出しているアルファリポCというサプリを併用すると効果倍増とか?

抗生物質開発してもすぐに耐性ができてしまいMRSAが出現、頼みの綱のバンコマイシンまで体制が出る昨今、4000年の歴史を持つオリーブの葉に期待がかかります。我が家のオリーブの木

オリーブの葉エキスとαリポC


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


AD

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です