テストステロンとチコちゃんに叱られる・・・

 

男性が声変わりするのは・・・

 

モテたいから~~・・・

あ~~・・・

なんとなくわかる

渋い声といえば・・・
古くはショーン・コネリー・・・てか、吹き替えは若山弦蔵?
晩年はこんな感じになってしまったけどこれもテストステロンのせい?

ロジャー・ムーアはおちゃらけた感じで声のトーンも少し高くて・・・
ちょっと人気が・・・
でも好きでしたけどね

ルパン3世もちょっと声が高くて・・・軽そうで。。。
やっぱモテる感じがしないね。次元や五右衛門の方が渋く感じるよね?

ふ~~じこちゃんが一緒にいる男性(利用している?)ってのもちょっと声が低かったり?

この声の事。

《所さんの目がテン》でも昔やっていて

オバマ大統領(当時)がなぜ人気かというと

声が低いことも理由の一つと言われていました。


声が低くなるのはテストステロンが生産されるせい

テストステロンは男性らしさを強調します

ひげが生えたり、声が低くなったり・・・

自分を強く見せることがモテる秘訣・・・


歌手の方は皆さんキーが高いですよね?

代表はこの2人かな?

世代がわかりますよね(笑)

我らが?takamiyはもう、高いですよね

歌えば犬がついてくるぐらい・・・(笑)
takamiyの曲かけたらうちの犬が吠えまくりました(笑)

takamiyは中学生のころに声変わりを喉荒れと勘違いして毎日浅田飴をひと缶、
舐めていたら声変わりせずに今に至ったとか?

写真は見なくともわかるよね??

もう一人は小田和正・・・

こちらも写真がなくともわかりますよね?

オフコースのころから高くて済み切った声は健在ですね^^

普段話すときは声が低いというか普通らしいです。

ピアノのイメージが強いですが元々ギターです。

基本、歌手の皆さんはキーが高いですよね?

あと声優だと水島裕・・・

オバQの3代目の正太のおにいちゃん・・・

クリィミーマミの俊夫とかだったりサモハンキンポーだったり・・・

あれ?

どこに着地点をもっていいかわからなくなってしまったので

この辺で失礼します<m(__)m>

ではなく・・・

ここから栄養療法っぽく持っていきます。


男性ホルモン=テストステロンといっていいでしょう・・・

テストステロンは男性ホルモンの一種・・・というよりほとんどで、
95%は睾丸で作られます。

体毛や筋肉、骨格に関係してきます。

前述の変声期もそう・・・つまりは男らしさに関与していきます。


テストステロンが多いと・・・

正義感が強くなる
糖尿病になりにくい
高血圧になりにくい
太りにくい
長生き
記憶力が上がる
筋肉がつきやすい

エネルギッシュ
精力が高い


テストステロンが下がると・・・

高血圧
糖尿病
メタボ

男性更年期⇒うつ


テストステルンが下がる原因
加齢
ストレス⇒飲酒・喫煙、仕事
夜更かし・睡眠不足
 これは現代人であれば一億総睡眠不足かもしれません
質のいい睡眠をとっていくことが大事になります。
 深酒しない、寝る間際までPC,スマホをいじらない等々
結婚、妊娠・出産も⇒悪いことではない
家庭に入ることによってテストステロンが下がりますが、浮気しなくなる
とか、子育ての協力をするとか、良い方向に働きます

男の場合は仕事でのストレスも多いでしょう
下にいれば上司に怒られ、上の立場になれば部下をまとめるためのストレス・・・
几帳面な性格であればあるほどストレスを受けやすく・・・⇒日本人の特徴
疲労の蓄積も原因の一因かも?

一見すると副腎疲労と間違えるかもしれません


男性更年期の原因はテストステロン低下
自律神経症状
近年では女性だけではなく男性の更年期による様々な症状
めまい、動悸、全身倦怠感、頭痛、頭重感、多汗、のぼせ、下痢、呼吸困難・・・いわゆる自律神経症状。
精神不安定
精神状態も不安定になり、抑うつ状態や不安、緊張などが発生してきます。


テストステロンを増やすには・・・

筋トレ
タンパク質の多い食事(アミノ酸)
タマネギ(アリイン酸)
テストステロンが筋肉を作り、筋肉がテストステロンを呼ぶ・・・
ですので週1回以上の運動っていうのは大事になってきます。

この3つの条件を妨げているのが実は重金属、特に水銀の影響というのが
大きいのかな?と思っています。
水銀といえばマグロ、クジラなどの大型の魚ですがなんといっても
口の中に詰められているアマルガムの影響が強いのでは?と思っています。
うん、また一つ繋がりました
水銀がなぜうつ症状、筋肉がつきにくくなるかの理由
口から始まる栄養塾(仮題)では追々説明していきます。

水銀の影響を受けると胃酸の質が悪くなります

⇒タンパク質の吸収が悪くなる

⇒筋肉がつきにくくなる

⇒テストステロン減少

という図式になっていく可能性が・・・


『男性ホルモンが多いとハゲる』説~~

合っているようなあっていないような・・・
テストステロンそのものがハゲさせるのではなく
5αリダクターゼ(還元酵素)により、代謝されたジヒドロテストステロン(DHT)が影響します。このジヒドロテストステロンはお母さんのおなかの中にいるときに出されて、ナニがナニするわけですけど(笑)、またハゲの原因にもなるから困ったものです。テストステロンが多くても5α還元酵素も多いと、ハゲるし、精力は衰えるし・・・なんてことになるかも?

谷村新司曰く深夜放送が髪の毛に来たと言っていましたが・・・

睡眠不足かな?

ストレスも相当あったんでしょう。

若いころは年間306ステージこなしたこともあったらしいですから

加えて『セイ・ヤング』の生放送でしたからね~~

じゃあ、福山雅治は?とか思ってしまいますが・・・(笑)


しっかり睡眠をとる・・・

これ、別の機会で書いていきます


食事でジヒドロテストステロンを抑える・・・

亜鉛
ビタミンB6
大豆・・・
どこかで聞いたような食べ物ばかりですよね?
亜鉛をとりなさいという理由はここにもあったわけですね。

お茶を飲むのもいいらしいです。

それと赤い色がいいらしいですよ~~

赤い彗星のシャア・・・もう、服も機体も赤だらけ~とか、A・猪木さんは赤いタオル、G馬場さんは赤いトランクス、武藤敬司はどちらかというとオレンジだったかな?


サプリでカバーする

基本はテストステロンを増やすかジヒドロテステステロンを減らすかになりますよね?

テストステロンを増やすサプリ

これがお勧めというわけではありませんが・・・

ジヒドロに対抗するならとりあえず亜鉛ですかね?

実は亜鉛も色々種類があります。
亜鉛と歯科って結構関係ありますのでこれもまた別の機会に書いていきたいと思いますが・・・

胃の状態が悪いけど吸収率を上げていきたいのはこちらカルノシンZn

胃の状態が大丈夫(ピロリとかがいない)ならばピコリン酸Zn

その他ピコリン酸マグネシウム

コストパフォーマンスならグリシン酸Zn

国内だったらグルコン酸です。


テステステロンが多いか少ないか、一目で見分ける方法が・・・

右手を見る~~

強い男・・・いろんな意味でね(笑)

右手の薬指が人差し指より長いらしいです・・・

さりげなくチェックしてみてくださいね

( ´艸`)

でもこれってテストステロンが減ったからと言って短くなるわけじゃないよね????
元強い男・・・


プロローグ・・・

今回の記事書いていて・・・

あ・・・

俺のことじゃんと思いながら・・・

今のところうつっぽい感じはしません

でも気をつけなくちゃな~~

特に睡眠

ショートスリーパーだから・・・

このあたり、水素の効果ってすごいと思うのですけど、これも後々書いていければ・・いやいや書きますよ

もう2時になってしまいますので寝るとします。

おやすみなさい・・・

ここにかけないこと(大人のハ・ナ・シ)も色々ありますがセミナーやらでお話しできればと思っています。。。


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。切削量の少ない削らない虫歯治療、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です