イソジンにこだわらなくてもいいと思う

写真は後日アップします

イソジンパニック

昨日・・・
カレンダーでは一昨日になるのか・・・
大阪吉村知事がイソジンでうがいをするとコロナの重症化を防げると言ったために
パニックになってしまいましたね

材料屋さんでも品切れ・・・

自分が知ったのは患者さんからの問い合わせだったのです。

テレビで吉村知事が言っていたと・・・

なんで知事なんだろう?専門家が言うのならわかるんですけどねぇ・・・

うちでは在庫がなく処方箋で出していたのですが

欲しがる患者さんも増えるのでは?と思って材料屋さんに問い合わせたら入荷の見込みがないとの事・・・

まあ、その前からイソジンが効くのでは?

という噂もありましたから品薄状態ではあったみたいですね

マスク、アルコール、石鹸、オペ着・・・

次はイソジン・・・

必要としている病院もあるだろうに・・・

幸いにもうちではイソジンはほとんど使っていないので影響はないのですが・・・

理屈は簡単

これの理屈は新型コロナウイルスは舌で繁殖して寝ているうちに肺に落ちる・・・

そして発症!

という事で舌で繁殖しないようにうがいをしましょうという事

予防にもなる?

いつ張り付くかわからないから普段からうがいしておけばある意味

発症前にやっつけることになるから大きな意くくりでは予防にもなるでしょうね

でもインフルの予防とほとんど変わらない

インフルの場合は咽頭に張り付いて発症するからガラガラうがい

今回は舌なのでぶくぶくうがいなんでしょうねきっと

イソジンにこだわる必要なし

イソジンは殺菌力が強いので手術の時の術やの消毒にも使われます。

とはいえ理屈からいえばイソジンにこだわる必要はないわけで、

口の中がきれいになるならば歯科用の『ネオステリングリーン』でもいいし

『コンクールF』でもいいわけですよね?


コンクールはクロルヘキシジンが入っています。粘膜に影響のない程度ですけどね

ネオステリングリーンはグリーンガムの味の逆性石鹸と表せばいいのかな?

まあ、相手がエンベローブウイルスで、更には舌についたウイルスを除去するって思えば

水でもいいのかな?って・・・水道水の塩素成分でもいいかも?

ご参考までに・・・

イソジン水と水道水を使用した口腔ケア前後の口腔内細菌叢の比較

やっぱ次亜水かな~

ウイルス対策、舌苔対策ではやっぱり次亜水がいいと思います

次亜水でうがいなんてもってのほかなんて言っているおえらい学者さんもいますが

それって歯科での臨床を全く無視した勝手な思い込みで話しているだけですからね

イソジンの注意点

うちでも以前は扱っていたんですけど注意点もいくつかあったのでいつしか処方しなくなってしまいました

注意点

  • ヨードアレルギーの方は禁忌または注意が必要
  • 頻繁に使うと口の中がただれることがある
  • 着色してしまう
  • 菌交代現象が起きることがある(善玉菌も殺す恐れ)
  • 妊婦・授乳婦は使用注意(禁忌でしたっけ?)
  • 甲状腺機能低下の可能性も・・・
  • 銀歯を腐食させる

ただれさせちゃいますから頻繁に使うとかえって悪化させるんじゃないかな?

とも思うんですけど、どうなんでしょう?その辺・・・

とかそんな感じ。また思いついたら書き足します

舌ブラシでもいいんじゃない?

うがいじゃなくて直接機械的に舌苔ごととっちゃうってのもありだと思うんです

歯磨きして水でうがいして・・・但し、強すぎないことやり過ぎないこと

うがい手洗いオリーブの葉

オリーブの葉の効果は皆さんどこで聞きつけたんでしょうね?

サプリ屋さんからは品薄入荷待ち状態で

昨日再入荷しましたとの連絡が来ました

オリーブの葉が品薄?

オリーブの葉と新型コロナウイルス

このオリーブの葉エキスはカプセル入りなんですけど、カプセルから少し出してお湯に溶かしてガラガラうがい!
冬場にのどがイガイガしたり。あれ?痛いかな?と思ったときは速攻やっています。

口内細菌のバランスも忘れずに

口の中の悪い菌ばかりではなくいい菌も殺しちゃいますからそこからが大事

口の中の細菌バランスも考えていかないとね?

寝る前にうがいしたらタブレットを舐めるとか必要かもしれません



マスク不要?

今思ったのですが、例えばリステリンかなんかカバンに入れておいて必要に応じてうがいする

ってのもありなんじゃない


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。

切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック
 
第15期分子栄養学実践講座が始まります7月31日まで割引だそうです 詳細とご購入はこちらをクリックしてください。ここから申し込んだ場合、口腔内チェックのサービスがあります

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)