今こそ歯科が大事なんじゃないかな?と思う事

歯科部門が一時的に閉鎖

東京医科歯科大学の歯科病院が一時的に閉まりました

新型コロナ感染リスクを懸念しての事らしいですが・・・

大きい病院だと待合室の問題もありますしエアロゾルの問題も解消するのが難しいでしょうから

なかなか大変だと思いますので

仕方ないと思います。

大きい病室で複数の方を並べて診るのはかなりのリスクだと思います。

でもそこら辺の理由が理解されず

歯科医院への誤解とも思える報道もあります。

ネガティブキャンペーンというか、不安をあおることにはたけてますよね?

歯科は頑張ってます。

(頑張ってないところもあるけれど)


歯医者さん大事

口の中を清潔にしているとインフルエンザ罹患率が下がるといわれています

同じエンベロープウイルスの新型コロナにだって有効かもしれない

それと歯周病と高血圧、糖尿病って関連性があるわけですから

新型コロナで重症化するのはこの病気を持っている人たちでしょ?

緊急性がないからと言って歯科の診療しないっていうのは

高血圧、糖尿病を悪化させるのでは?と思うんです。

普段、メインテナンスしているから重篤化しないのでは?

高血圧、糖尿病を持っている方はコロナ感染後の重篤化率が高いらしいですから

間接的にコロナ対策しているのではないかと思っています


歯科で怖いのは・・・

じゃあ、歯科であの水はねで感染したらどうするんだ?

という問題

そこが問題

どっちが大切か天秤にかけないと

ただ、報道にあるようなことで一番危険なのは

歯医者さん側


当院での対策

感染しないようにいろいろ工夫しています。

オペ着を着用してキャップとフェイスガード

口腔外バキュームという強力な吸引機を使っています。

この口腔外バキューム、かなり吸ってくれて足元もスースーするくらい

水はねはほとんどありません


当院では一度に複数の患者さんを診ないことにしています。

つまり隣り合わせにしない

待合室でも極力鉢合わせにならないような予約の取り方をしています

出入り口と窓を開けています

次亜水噴霧しています

診療後は次亜水で吹き上げます

手間もお金もかかるけど

自分たちを守るため

患者さんを守るため

まず最初は自分たちを守る

そこから感染させたら大変だから

ソファーを離したんですけどほとんどの方が一番奥に座ります・・・

来たくない気持ちもわかります。

この時期に積極的に来てねとは言えないです。

本当は診たいんですよ

でも何かあったら困るので・・・

せめて・・・

おうちでもしっかり口腔ケアしてください・・・

これ、4月10日に下書きしたのですが15日に次亜塩素酸水が新型コロナに有効かもしれないという記事が出ました。

何かの形で多くの方に次亜塩素酸水を使ってもらえることを考え中です


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。

お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です