病気の人は、いやいや病気になる前に水を変えてみよう


当院でもそれほど多くはありませんが血液検査をしております。
そんな中、目につくのが血液濃縮です。つまり水分不足。
喉が乾いているとか口の中が乾いているとか脱水症状で倒れるかそういうのではなく。
軽~い脱水・・・
そうはいっても血液はドロドロ状態です。
そこに汚い水の状態だったら、危険な水しかとっていなかったら・・・
全身に汚い水で栄養を送っている・・・
こんな事で健康を維持できる事が出来ない・・・どころか病気になって当然だと思います。
人体の70%近くは水で出来ています。
その水が汚ければ当然身体も汚くなっていくわけですよね。ではどのような水がいいのか?
皆さんはのどが渇いた時に何で水分を補いますか?
水道水?
お茶?
コーヒー?
紅茶?
スポーツドリンク?
ビールなどのアルコール飲料?
コーラなどのいわゆるジュース?
市販のミネラルウォーター?
浄水器?
クリクラなどのウォーターサーバー?
水道水そのままはお察しのとおり駄目です。何が駄目かって、古い水道管では鉛が出てきます。
最近の水道管であったとしても塩素が残っているのが問題でしょう。
金魚やメダカの水を換えるときだって半日くらい汲み置きした水を使いますよね?
水道水をそのまま飲むとその塩素が体内の細胞を傷つけていきます。
腸管を傷つけていってしまいます。
赤ちゃんでは心臓病のリスクが高まるという報告もあるのでご注意ください。
それと塩素ガスの問題。塩素は25度くらいで塩素ガス発生、それが鼻粘膜を傷つけて鼻炎になるんじゃないの?なんて考えもありますのでね?
鼻炎から歯列不正が起こるんじゃないの?
という考えもあります。温水プールとか気を付けないといけませんね。
参考
http://ameblo.jp/asutec-yoko/entry-11893911489.html
熱いシャワーを浴びたり、一番風呂が体に悪いってのも頷けます。
一番風呂のあの身体がピリピリする感じ。皮脂を奪ったりミネラルを奪ったり、逆に皮膚から塩素が入ってきたり・・・
大体にして水道の残留塩素濃度0.1mg/ l以上・・・以上って何だっ?
て話でして浄水場近くではもっと高いんでしょ?

仲良しの澤田さんが教えてくれたサイト
htt
p://blogs.yahoo.co.jp/patatajp/29710.html
参考にしてください

お茶、コーヒー、紅茶とか、このあたりで水分を摂る方が多いのではないでしょうか?
カフェインが入っている飲み物は利尿作用があるので入っていった水分をそのまま出していきますのであまり効果は・・・というよりも逆効果になると思います。
紅茶やコーヒーも砂糖が入っているのはさらに脱水効果が出てきますのでご注意を。
スポーツドリンクは10000歩譲ってスポーツをするときに飲むものですから普段から飲むものではありません。
ポカリスエットはメキシコで食あたりから脱水になった社員が考えたものらしいですが
そうすると脱水状態になった時にゆっくり飲むものと考えた方がいいと思うのですが?
それでも砂糖多すぎですね。
カロリーオフのスポーツドリンクは大丈夫?カロリーオフの甘い飲み物はかえって脳が甘い物を欲求するので危険です。ほかで必要以上に糖質を摂ってしまいます。運動中は糖質も補給した方がいいこともありますがカロリーオフではその補給もできないですね。
運動中にスポーツドリンクを飲むときは砂糖が入っているものを選んで倍ぐらいに薄めて塩を足して飲むこと。美味しくないです。因みにほとんどのサッカー場では水以外禁止だと思います。こえはピッチの芝が痛むからっていう理由ですが・・・
ビールなどのアルコール飲料も利尿作用があります。ビール1リットル飲むと1割増しで排泄されるとか?

ペットボトル入りの水が一般的なのですが
通常のミネラルウォーター(軟水・硬水)
酸素水
バナジウム入り水
水素水
アルカリイオン水
πウォーター
他にもあるかな?
温泉水とか?
海洋深層水もあるね

通常我々が飲むのは軟水ですね。
軟水はミネラル分の少ないもの。
日本のミネラルウォーターはこの類に入ってきます。
硬水はミネラル分の多いもの。
海外のミネラルウォータの多くはここに入ってきますね。
代表格はコントレックス。
あとは状況に応じて飲み分ける感じ?

バナジウム入りは糖尿病や尿酸値を下げるのに効果がある事で有名ですね。
忍野八海とか富士山麓に住んでいる方は糖尿病少ないのかな?

水素水はずばり活性酸素をやっつけてくれるので様々な効果がありそうです。
自分は飲み過ぎた日の翌日は水素水を飲んでいます。
実感では結構すっきりする気がします。
あとはス~~っと入ってくれるので飲みやすい。
普段はアルミパックのを買っていますが1パック簡単に入っていきます。


border=”0″ />

水素水は点滴でもありますからすごいですよね。

アルカリイオン水は政府公認の機能水です。
胃腸の改善やアトピーに有効だという事です。
アルカリイオン水も活性酸素を打ち消してくれるので飲み過ぎた翌日には効果がありそうな気がします。でも食事時どきに飲むのは駄目かな。
そもそも食事時に水分を取りながら食べている時点で駄目なのですけど
これもいずれまた別で書きます。

酸素水はセミナーの時に良く飲みます。
脳が元気になって記憶力が上がる気がしますので(笑)あくまで気がするだけね(笑)
参考文献はこちらなのですが
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail822.html
否定的な意見が多いようでして効果があってもわずかな程度なんでしょうかね?

硬水の代表格はコントレックスですね。
これ、たま~~に買うのですが一本飲み切れません。
ミネラルを吸収するには空腹時がいいので夕方や夜寝る前はコントレックスなどの硬水がいいのかな?硬水はデトックス効果も期待できますね。

温泉水もミネラルたっぷりの部類に入る?

海洋深層水はダイオキシンや農薬の影響を受けないという点ではすぐれていると思いますが
成分的には辛いです。
マグネシウムがカルシウムより多く入っているのが特徴的です。
http://www.dydo.co.jp/products/detail/543

因みに、スタバで売っているのがこれ。炭酸水ですが(炭酸水については別で紹介します)カルシウムとマグネシウムの比率が2:1で理想的な配分になっています。


これらのペットボトルの水、問題点がいくつか指摘されています
まず、プラスチック製のペットボトルの問題としてビスフェノールA(BPA)があります。
これ、実は使われていないという説もあります。
BPAは加熱すると溶出してきますので少なくとも熱いお茶を入れたり熱湯で殺菌消毒して
再利用するのは避けていきましょう。
BPAに関しては不妊症の元だったり母乳から検出されたなんていう話もありますので
色々調べてみてくださいね。
海外のペットボトル水は長い間船のコンテナに入っていてそこで結構熱くなってしまってBPAが溶け出してしまうという話も聞きました。
そういえばフレンチとかイタリアンとか外食行くとビンの水を出すよね~~とか思うのです。

もう一つは国内の水・・・
法律により一度沸騰させることになっているのでミネラル成分とかどうなんでしょうね?

ミネラルウォーターは処理の方法によって4つに分けられますがナチュラルウォーターかナチュラルミネラルウォーターを飲みたいなと思います。ウォーターサーバーの水は多くがミネラルウォーターと言うやつなんでしょうね。一度殺菌してミネラル分を補給・・・
ミネラルウォーターは国内の場合近くに工場やゴルフ場があっても採水できるのですが海外の場合は半径10kmだったかな?工場などがな事などが採水の条件になっていますのでより安全でピュアな水と言えるでしょう。

ウォーターサーバーで注意しなくては行けないことがもう一点あります。

メインテナンスフリーという商品もありますが、あれはあくまで会社はメインテナンスしませんという事みたいですね?使っていくうちに水を入れ替える部分がドロドロの水垢状態になったり蛇口?部分には黒カビが発生していました。このあたり、契約前にしっかり確認しておいた方がよさそうです。
ちょっとメインテナンスをさぼっただけでこんなに黒カビが発生しています。
説明書を読んだら2週間ごとに掃除をするんだとか?
すみません説明書捨てたから定かではないのですが(^_^;)


ホースの中まで発生しているかもしれないと思ったら怖いですね。
この会社とはすぐさま解約しました。数日後また掃除したらまだ付いていました。


まあ、これはメインテナンスをしなかった自分が悪いんでしょうけど・・・

普段使う分には浄水器とかになるんでしょうね。
トリハロメタンをしっかり除去してくれる製品を選んでください。

水は1日に1.5~2lを純粋な水として摂取するように心がけていきましょう。
そうすれば腸がきれいになっていく口の中がきれいになっていく…アトピー症状も軽減するかもね?
これからの季節水分補給をうまくやっていって乗り切っていきましょう!

て、ここまで紹介したらどこか水送ってくれないかな・・・あ、嘘ですよ(≧▽≦)


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です