結局玄米は体に良いの?悪いの?


最初にお断りしておきます。

あくまで個人的意見です。
しがない一歯科医師の意見です。玄米を食するにあたってよく言われるのが

推進派
ミネラルがたっぷり入っているので健康増進にはもってこいの食べ物である
キレート作用はないので心配する必要はない。
IP6ががん予防になる。
よく噛んで食べるので健康的。
和食系のおかずがとっても合う。
痩せる

否定派
フェチン(酸)が入っているのでキレート作用で体内のミネラルが奪われる。
そもそもミネラルの吸収は良くない。
短命が多い。
ビタミン・ミネラルは野菜で摂ろう。
等々・・・

これだけだとどっちを信じていいかわからないですよね。
玄米だとドカ食いをしなくなるので健康的という点では納得しますが・・・
痩せる事=健康ではないですし・・・
玄米否定派でも発芽玄米を勧めている事がありますよね?
発芽させるとフェチン酸を減らしてくれるらしいですが高いし、あまりおいしくないらしいし
自分でやるのは面倒くさいし・・・

私は消極的推進派です。(ってなんだよ???)
玄米に対する私の意見(あくまで個人的意見)

1.ミネラルは多いかもしれませんが現代人は消化吸収がうまくできないと思います。
普通に食べると消化できなくて下痢することが多いかと思います。
酵素阻害作用もあります。
よく噛んで食べる事はもちろん消化酵素サプリメントの手助けが必要に
なるかもしれません。
2.フェチン酸がミネラルを吸収するならば、そのキレート作用を利用しちゃおうという考え。
これによって体内の重金属もキレートしてくれます。
3.毎日食べるとカルシウム・マグネシウム不足になる可能性がある。
4.残留農薬の問題

ということで毎日食べなくともよいかな?と思っています。

自分なりの結論は
玄米に慣れるまでの胃を作るのはなかなか大変ですので普段は7分付くらいのお米を食べる。
玄米は月に2~3日、3か月に一回1週間、半年に一回2週間程度(この割り振りは自分でもよく分かっていません。2週間続けるのはつらいから3か月コースかな?)
自分的にはキレーション目的で食べるのがいいかな?と思っています。
ビタミン、ミネラルは野菜と魚と肉を利用する。米は糖質サプリメントとして利用する。
もちろん無農薬というのは最低条件です。
キレート作用がなかったとしてもいいじゃないですか!
ん?よくない?

結論!!玄米もたまに食べるとおいしいよね(=⌒▽⌒=)

という事です。


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です