唾液の主な成分とその働きー唾液はとっても大事だよー

とりあえずアップ
後日写真なり画像なりを追加していきます・・・
ブログなので箇条書きにしてありますが
開業当初から当院の待合室に表として貼ってあります。
唾液はとっても大事な役割を果たしています。大事、大事、大事・・・
その為には良く噛んでほしいのです。
噛むと唾液が出てくれます。

咬む事と唾液の大切さは小中学校の保険の時間でもっとしっかり教えてほしいと思っています。


若者たちよ・・・

そこいらじゅうで唾をペッペ、ペッペやっている若者よ・・・(うわ~~年寄っぽい言い方(^^;)

これほど大事な健康の源を捨てるなんて・・・
つばも飲み込めないくらい粘膜が退化しているのか???とも思っちゃうんですけど?
それともこの世の何か恨みでもあるのかい???


唾液の成分

それぞれがとても重要なのですがちょっと分類してみましょう

唾液はその成分の99%が水分でその他が無機質・有機質になります。

唾液の成分は大きく外分泌系と内分泌系に分かれます。

 

外分泌系

ムチン 食物を嚥下しやすくする。
アミラーゼ でんぷんを分解する。
リゾチーム 細菌に抵抗する
ラクトペルオキシダーゼ 細菌に抵抗する。発ガン物質を減弱させる。
ガスチン 味覚の働きを敏感にする。(亜鉛と結合して作用する)
スタテチン 歯を強化させる。(カルシウムと結合して作用する)
ラクトフェリン 細菌の発育を抑制する。(鉄と結合して作用する)

アルブミン 口の中をなめらかにし,乾燥を防ぐ。
IgA(免疫抗体) 細菌に抵抗する

内分泌系

EGF(表皮成長因子) 皮膚,歯,口腔粘膜,胃腸,血管などの細胞の増殖を促進
NGF(神経成長因子) 神経節や神経線維の成長促進

とこのように様々な作用があります。

唾液を馬鹿にすることなかれ、唾液を侮ることなかれですよ


唾液の役割を簡潔に

消化作用
アミラーゼなどによって炭水化物を分解してくれます

嚥下作用
唾液と混ざることによって飲み込みやすくしてくれます

抗菌作用
ラクトフェリンなどによって細菌から守ってくれます

粘膜の保護と修復
ムチンの作用によって口腔内、食道、胃の粘膜を守ってくれます

自浄作用
口の中は唾液が常に出ていてそれが口の中のばい菌を洗い流してくれます
寝ている間は唾液の出が少なくなります

緩衝作用
食事をすることによて口の中のpHは下がりますが唾液によってpHを戻してくれます

とまあ、こんな感じで唾液はとても大事な役割を持っています


口腔乾燥(ドライマウス)の症状

こんな経験ありませんか?

  • 口やのどの渇きがずっと続く
  • 口の中がネバネバする
  • 口の中がヒリヒリ痛い
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 味覚がおかしい
  • 夜、口が乾いて目が覚める

唾液がしっかり出ていれば虫歯を防げる、病気を防げる


唾液が少なくなる原因

じゃあ、唾液が少なくなる原因って?

唾液腺がストレスを受けることで唾液の出が少なくなります。

有名な理由は放射線治療による唾液腺のダメージ

 

薬の副作用もそうです。

薬を5種類以上飲んでいると唾液の減少が著しいらしいです

唾液腺そのものの病気でも少なくなります。

加齢
糖尿病
シェーグレン症候群
口呼吸
口呼吸については別で書いていきますね



対策

人口唾液というのも打っていますが

酸化ストレス対策としては
水素、ビタミンC、

やっぱり亜鉛

そしてCoQ10

マグネシウムもしっかり入れましょうね
マグネシウムもとっても大事なのでこれもまた別で書いていきます。

 

ここ全身にもしっかり効果を表してくれますし、

決して口、唾液が独立して働いているわけではないという事ですね。


意外と亜鉛不足になっている可能性ありますので注意してくださいね。

最近味が薄いな~って感じたりかゆみが続いたり、皮膚炎、爪に白い斑点ができてたり・・・

こういう方は亜鉛不足の可能性ありです。

お勧め亜鉛はこういった感じです。

胃の状態が悪いけど吸収率を上げていきたいのはこちらカルノシンZn

Doctor's Best, ペプジンGI(PepZin Gl)使用の亜鉛-Lカルノシン複合体

胃の状態が大丈夫(ピロリとかがいない)ならばピコリン酸Zn

その他ピコリン酸マグネシウム

コストパフォーマンスならグリシン酸Zn


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です