IgGフードアレルギー検査

2013.3.18のブログです。日本人は乳製品。卵にアレルギー反応を示すが多いです。これを見て避けるのではなく腸の状態を確認するものと考えたほうがいいと思います。腸が悪ければ以下の症状が出て来る可能性があります。まあ、腸の上には胃が、胃の上には口があるわけですが・・・


食べ物でアレルギーと聞くと真っ先に思い出すのが卵アレルギーではないでしょうか?

食べて暫くすると発赤・湿疹、ひどくなると呼吸困難などになっていきます。

これらはIgE即時型アレルギーといわれるもので一般的にアレルギー検査

で検査するものです。

聞きなれないのがIgG遅延型アレルギーといわれるもので日常何気なく食べている

食べ物に対してアレルギーが6~24時間後に出てくるものです。

様々な体調不良はアレルギーが原因かもしれません。

IgGアレルギーでは疲労感、頭痛、皮膚トラブル、じんましん、消化不良

など様々な症状を引き起こします

対象となるのは

自閉症・多動症・注意力欠陥

統合失調症、うつ

ADHD、学習障害

不定愁訴でお悩みの方

アトピー性皮膚炎でお悩みの方

動悸・疲労感・息切れがする方

頭痛・不眠

過敏性腸症候群

慢性炎症性疾患

関節炎・リウマチ

アンチエイジングに関心のある方

舌の灼熱感・舌痛症

などでお困りの方。

検査は指先から数滴の血液を採取するだけで終わります。

結果が鑑定するまでは3週間程度かかります。

結果を見たうえで食事指導と希望により栄養療法を行います。

フードアレルギーの方の一例を挙げますと

筋トレが大好きな男性の方がトレーニング翌日になると何故か蕁麻疹が出るとのことでした。

IgG検査をしたところプロテインに反応が出ました。

また、女性の方がほうれい線を中心として赤みが取れないとのことで検査したら

バナナアレルギーが出ました。

もう一例は何のアレルギーかは忘れましたが過敏性の大腸炎がフードアレルギー

だったらしくアレルゲンを除去したら屋久島の縄文杉を見に行けたそうです。

ご興味のある方はご相談ください


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です