歯周病治療に必要なもの

2013.1.10のブログです。この他にも色々と原因なるものがあるのですけどそれは追々書いていこうと思います。


中高年が歯を失う原因No.1の歯周病 歯磨きだけでは防止困難
「永久歯」といっても、この人生80年時代に、死ぬまで歯が生えそろっていてくれるわけではない。年を重ね……….≪続きを読む≫

一方的な記事で、じゃあ、どうするの?ってのが抜けているので自分なりの

考えを補足・・・

歯周病菌をやっつける

次亜塩素酸水のエピオスウォーター、POICウォーターで歯周病菌をやっつける

エピオスでうがいしてそのまま歯磨きをする、うがい磨きがお勧め

オリーブの葉でうがい、歯磨きする。

歯周病菌を増やさない

乳酸菌タブレットで菌の入れ替えをする・・・

乳酸菌はロイテリ菌やクレアラボジャパンの『プロデジン』がお勧めです。

就寝前にプロデンティス、チャイルドヘルスなどの乳酸菌で口の中を満員にしてしまう

就寝前にバイオラクト(ラクトフェリン)を舐めるまたは噛む

歯周病の原因を作らない

外因的要因

経験のある方も多いと思いますが、スナック菓子、パン、肉まんなどの小麦粉類を練った

ものを食べると歯にべたついてしまいます。磨いてもなかなか取れなくなって、結果

歯周病菌の餌になったり歯石になって歯肉を腫らしたりします。

ごはんも含めた炭水化物を極力摂らないのが必要です。

野菜を食べることによって歯の掃除もしてくれます。

内因的要因

糖質を摂取するとAGEという反応が起きて血流が悪くなります。

歯肉の血管は末梢血管なのでうっ血状態になり炎症を起こします。

炎症を抑えようとして白血球が増えて、骨までも溶かしてしまいます。

悪循環を断ち切る

骨が溶けて歯がぐらぐらになる⇒食べやすいもの(うどん、パン、ごはん中心)を

食べる⇒糖質中心なので歯肉がうっ血する⇒・・・の繰り返しを避ける

歯肉に栄養を

健康な歯肉にするには亜鉛、マグネシウム鉄・ビタミンA・B・Cをしっかり摂ることも大切です。

定期健診

付いてしまった歯石は取る事はもちろんです。
3か月以上たった歯垢は歯石になるので3か月に1度のクリーニングをするのが理想です

その他
タバコは歯肉にとっては天敵です。

あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です