鉄欠乏性貧血の話ーその2ー

貧血の分け方としてMCVを見て大球性貧血と小球性貧血があります。

大球性貧血は葉酸やビタミンB12の不足があげられます

小球性貧血は鉄不足にされていますがその他にも赤血球が出来上がるまでの材料不足なんですけどね?

つまり、あくまでも鉄欠乏性貧血はしっかりしたヘモグロビンが作られていない状態の小球性低色素性貧血の一つです。

そこからまた鉄欠乏なのかどうかを鑑別していかなきゃいけない。

ヘモグロビンの材料は鉄だけじゃないですからね(^_-)-☆

貧血の種類を特定するならばヘモグロビンみてフェリチン見て一喜一憂しないで

血清鉄とトランスフェリン濃度UIBC,TIBC辺りもしっかり見てミネラルバランスも

チェックしないとね?

銅も亜鉛も多すぎても少なすぎてもバランスが悪くても貧血症状が出てきます。

貧血の主な症状を書いてみましたが別に鉄欠乏じゃなくても起きるんですよね?鉄欠乏の3大兆候しっかりチェック
甲状腺機能低下と被るところあるから気を付けないといけませんね。ミトコンドリアが働かないのは鉄不足のせいかもしれないからそのあたりの見極めも大事。細菌も鉄が大好きなんです。感染しているのに鉄剤を飲んだら・・・(-_-;)
女性の貧血は太古の昔から・・・というか、鉄が少ないので貧血になりやすいです。多分、これは妊娠や出産と関係あるんでしょうね。
子供の貧血も鉄鉄鉄、鉄ありきになってますけどまずはお菓子とジュースをやめる事。エナジードリンクやスポーツドリンクやめる事そこをやめないで鉄っていうのは本末転倒ですよね?
アスベストが原因で肺がんになったという話がありましたが、あれも鉄入りのアスベストのせいで活性酸素発生⇒肺がんという流れです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)