鉄欠乏性貧血の話ーその1ー

最初にお断りしておきますが、決して貧血のままでいいと言っている訳ではありませんので!

さて、鉄欠乏性貧血のお話その1なのかな?です。知っている人は知っている(当たり前)、僕は鉄のサプリが大嫌いなんです。

安易に鉄剤を出しすぎな気がしませんか?

鉄欠乏性貧血というけれども結果であって原因ではありません。原因を探してそこを改善するのが医療人なんじゃないかな?

と思うのですが?とすれば鉄欠乏ってとっても奥が深いですよね?

鉄が足りないから出しましょうという単純なものではないんですよね?
まあ、鉄欠乏性貧血に限った事ではないのですが😅
炎症と貧血の関係だって最近(といっても20年ぐらい前)ですが解明されたらしい・・・
まあ、そうなると歯科医師が安易に鉄剤を出しても責任取れないなって思ったわけですよ。
ですのでうちでは鉄剤を飲んでもらうことはほとんどありません。
周りから攻めていく方法をアドバイスしています。
原因追及のアドバイスです
鉄欠乏は全身に影響が出てきますからね。
歯科で貧血と関係するのは・・・あ・・・ここは後日出していきますね。
これ、4年ぐらい前の資料なので今とはちょっと違うところがあるかもしれませんm(__)m
250枚以上のスライドから抜粋しているので前後関係が
わからないところも出てくるかもしれません。
鉄は。。。というよりもミネラルはもともとなかなか体内に入りづらいものではあるのですが
特に鉄は入りにくい
そして排泄もしにくいです
ここが大事
無理やり入れるとその後が大変なわけですね
鉄はとっても閉鎖的なミネラルでうまくリサイクルされているんです
それだけ入りにくいけど重要であるという意味
(胆汁までの流れは大まかな感じです)
そんなわけで本来ならば鉄欠乏にはなりにくいはずなんですよ
じゃあ、なぜこんなにも鉄欠乏の人が多いのか
食事は絶対見直した方がいいですよね?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)