ケイ素のお話し

最近・・・といってももう1年近くになる気もしますがケイ素のお勉強をやろうとしては断念するのが続いています。
今回は本気(・・・本気と書いてマジと読みます。)で勉強しようかな
などと思っているのですが何せ情報量が少ない!!
ていうか、ケイ素を栄養療法に取り入れているって人がそんなに多くない・・・気がする
なので効果はありそうな気はするけど過程がわからない
その過程がどこを探してもあまり詳しく載っていないんですね。でもケイ素って偉大なんです。
きっと
さてケイ素って別名シリカとも言います。
周期表でいうところの14番目、炭素の下にあります。そして当然だけど右から5番目。
この位置が重要なんでしょうね。きっと
ケイ素は地球上で酸素に次いで2番目に多い元素です。
シリコンとも呼ばれていて人工血管とかソフトコンタクトレンズにも使われています。
今は太陽光発電に使われているってのが有名なんでしょかね?
前述しましたがケイ素は地球上で2番目に多い物質それなのに人間の体には微量にしか存在していません。
そして周期表では炭素の下にあります。
周期表は縦で覚えろとはよく言ったもので縦では性質が似ているんですね。
炭素はその性質からいろいろなものに変化できます。
我々は炭素を利用して、炭素化合物として生きていまして
いわゆる炭素生物です。
架空の世界ではケイ素生物ってのがあるんですね(笑)
でも炭素を使えば済むのでそんなものをわざわざ使う必要はないのであくまで仮想の世界です。
ひとつは呼吸の為
酸素を吸って二酸化炭素を出す。
空気を吸って空気を出して、さらに植物の餌になる・・・便利ですね。
これが酸素を吸ってケイ素とくっついて二酸化ケイ素を出す。
呼吸するたびに石っころ?出しちゃたまんないので炭素を利用するようになった。
こんな感じなんじゃないかな?さてじゃあ、ケイ素は人体にどのように使われているのか?
その性質からコラーゲン生成に役立っていると言われています。
これがすべてかもしれません。
人間の体に絶対的に必要なコラーゲン・・・
ケイ素不足と骨粗しょう症の関係も明らかになってきてますが骨の構成がカルシウムだけではなくコラーゲンも関係しているって事です。つまりはコラーゲン生成に役立っているケイ素がなければ骨もしっかり作られない。
髪の毛、爪はもちろん皮膚もそうですし血管、関節、内臓全て、血管も筋肉も
全てにおいてコラーゲンが関係してくる。
とすればケイ素が(も)健康のカギを握っているんでしょうね。
なのでアトピーも糖尿病も高血圧も脳梗塞もケイ素が絡んでくる・・・
一説にはアルツハイマーや免疫力にも関係してるとか?
そしてケイ素が重金属の排出を促してくれるそうです。
またパーキンソン病にも有効という話も聞きます。

パーキンソンは他に水素水やグルタチオン(点滴)、マリアアザミ等も有効らしいですね。

そして私、歯医者さんなので歯科に関係する話として・・・
歯の構造もエナメル質にはコラーゲンは入っていませんが象牙質には20%ほどもコラーゲンが含まれています。歯肉にもたっぷりのコラーゲンが存在しています。
因みに正確には歯肉じゃなくて歯齦(しぎん)といういい方が正しいんですけどね。
多分虫歯も歯槽膿漏もケイ素が絡んできている。いや、多分じゃないです、きっとです^^
歯科治療にケイ素を応用するのもありなのかな?と思っています。
という事でちょっと先になりますがケイ素のお勉強をしに行きます。
そうそう、ケイ素を使った実感としてはお酒に10滴ぐらい入れると結構飲んでいても翌日の目覚めはすっきり二日酔いなしです^^
そしてケイ素は身体を錆びつかせないらしいです。



飲む以外での使い方としては野菜を洗う時に使います。
農薬を吸い付けたり放射性物質も吸着するとかしないとか?
その辺りはやっぱり炭素の下だから!!
化合物を作りやすいっていうかいろんなものを吸着しやすい
・・・・・・
為だと思っています。

なかなかメジャーデビューしないミネラルですがとっても大事なケイ素のお話し・・・
自分がわかっている範囲で書いてみました^^
それとコラーゲンの形成にはビタミンCも大事ですよ
http://www.nattoukin.jp/si%20keiso.html
11月にはケイ素のセミナーがあります。
もちろん参加して情報を仕入れてこようと思います^^

当院ではMDケイ素を採用しています
価格は50mlで4320円、500mlで21600円(50ml10本分なので50mlの半額と同じです)

気になる方はどうぞご連絡ください。

500mlをお買い上げの方には小分け用の容器(50ml)を4つお付けします


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。切削量の少ない削らない虫歯治療ドックべストセメント法、虫歯だけを溶かして埋めるカリソルブ法、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来、点滴療法も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック

 
第15期分子栄養学実践講座が始まります7月31日まで割引だそうです 詳細とご購入はこちらをクリックしてください。ここから申し込んだ場合、口腔内チェックのサービスがあります

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)