お気をつけください。次亜塩素酸水と次亜塩素酸は似て非なるもの

使い方が違う

中国では次亜塩素酸ナトリウムの使い方を間違えて大変なことが起きています

「肺に白い影」医師も驚愕…原因はまさかの“過剰コロナ対策”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00134597-fnnprimev-int&fbclid=IwAR2KAF9SEcUGYY8RIeLufHZvJDlFGMj9OLhj2oL0kA6IWEX0iwmfX6b1hRU

次亜塩素酸ナトリウムを高濃度で使っていたらしいです

日本でもハイターとかブリーチとかで売っていますが、

我々歯科医院が使っているのは次亜塩素酸まで

ナトリウムがつかないタイプです

ハイターがダメっていうわけではなく使い方です

0.1~0.5%程度に薄めて床や手すり、ドアノブなどを拭く!

ノロ対策と同じです。

拭くだけ

うがい厳禁、

手指消毒厳禁、

加湿器に入れるのも厳禁

拭いた後は水拭きしてください


次亜塩素酸水は安全安心

対して次亜塩素酸水の成分は基本的に塩と水だけ

それを電気分解して作っています

NaCl+H2OをHClO、OClにします

時折次亜塩素酸ナトリウムも電気分解しているものがあります。

これらはは手の消毒、ペットにシュッシュってやってもいいですし

自分の体にも大丈夫

加湿器に入れることもできます

うがいは歯科医院の専用の装置で作ったものだけにしてください

他でも大丈夫かもしれないけど保証できません

エピオスウォーター(POICウォーター)といううがいにも使えるものは最初はpHがアルカリに寄っています。

普通の次亜塩素酸水とはそこが最大の違いです

とにかく

次亜塩素酸ナトリウムを加湿器に入れないでください

市販品でいえばハイターとか、ブリーチとか

肺が溶けちゃいますから(語弊があるかな?


勘違いされている

怖いのは

医療関係者でも勘違いすることがあります

次亜塩素酸水を次亜塩素酸ナトリウムの水溶液と同じだと勘違いして危険だ!

というのもよくあるのですけど

怖いのは

一般の会社が

次亜塩素酸ナトリウム水溶液を次亜塩素酸水

として

無料配布しちゃってるパターン

ネットとかでは次亜塩素酸ナトリウム薄めた水溶液と次亜塩素酸水をごっちゃにしちゃってますから要注意です。

これ実際にあった話で

うちの患者さんが無料でもらったというので成分を聞いたら

次亜塩素酸ナトリウムを薄めたって聞いたって・・・

もちろん無料配布でいただくのは結構なのですけど

内容をよく確認してください

次亜塩素酸ナトリウムを薄めて作ったものだったらドアノブとかシュッシュして拭くだけにしてくださいね。その後は水拭きしてね(^_-)-☆

次亜塩素酸ナトリウムがダメっていうわけではありません

使い分けしてください

とは言え本物の次亜塩素酸水があれば次亜塩素酸ナトリウムは必要ないわけでして・・・

次亜塩素酸ナトリウムのはるか上をいく殺菌力です

80倍ともいわれています


次亜塩素酸いろいろ

空間殺菌に特化した形ではパナソニックのジアイーノ

なかなかのお値段ですので各部屋には買えるかた多くないのでは?

あとは・・・


費用対効果では


がお勧め

最初からできているのだとこういうのもあります

粉を入れるだけっていうのもあるんですね

色々ありますね
お試しくださいませ<(_ _)>



あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。

お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です