未だに流行っている糖質制限に対する自分の考え

先週は福岡まで歯医者さんのお勉強をしに行ってきました。

そのお話はまた今度するとして今回も糖にまつわるお話し

糖質制限に対する自分の考えを改めて述べます。

前回、前々回と我々が普段とっているのはデンプンであって砂糖でもブドウ糖でもない

という話をしました。

まあ、最終的にはブドウ糖というか単糖類なんですけど

農耕と縄張りが出来てそこから今度は家畜、畜産ですね。

しっかりタンパク質も摂ろうという事になっていったと思うんです。

定住できてこれで明日の食べ物さえわからない、

野生の動物に襲われることも少なくなった・・・

夜も安心して寝ることが出来たし

衣食住というものが定着して文化が発達したと思うんです。

さて唾液にはアミラーゼというデンプンを分解する酵素があります。

膵液にはインスリンがあって血糖値をコントロールしています。

腸液には実はマルターゼ以外にスクラーゼ、イソマルターゼ、ラクターゼ、トレハラーゼ

などがあります。

ここで食物繊維がついていたりすると消化吸収に時間がかかる・・・

つまり我々の主食であるデンプンは血糖値が上がりにくい糖質であるという事になります。

糖尿病の人は糖質を控えるとともにGI値の低いものを食べましょうという事になるんですね。

糖質制限という言葉がいまだにはびこっていますがどうなんでしょう?

糖質を摂ると体調が悪くなる人・・・

唾液も膵液も腸液も多糖類を分解する機能があるんですから

ここの機能不全なわけですよね?

本当は糖を摂っても大丈夫な体に戻さなくちゃいけないんですよね?

副腎疲労が強い人は糖質ぐらいしか主なエネルギーに出来ないですし、

胃液の少ない人に肉を食べろと言われてもなかなか辛いですよね?

まずは受け入れられる体を作ること

邪魔をする原因を探す事

まあ、だからと言って糖質制限を完全否定しているわけではないですよ。

その人個人個人にあった炭水化物の量というのがあると思うんです

自分も糖質制限をやっていた頃はご飯やパンを食べている人をさげすんだ目で見ていました
が・・・

でも今の時代は炭水化物多めですよね?

ラーメン屋さんで麺大盛り無料とかご飯サービス、

定食屋でご飯おかわり自由とかね?

パン食べ放題なんてお店もあります。

困ったもんだ・・・

これって、長く続くデフレってのも問題なのかもしれませんよね?

今の世の中、明らかに炭水化物が多めでさらにお菓子やジュースで糖質多めですから

このコントロールをするのは大事だと思います。

自分が一日に動く量に合わせての糖質の摂取量をコントロールする

これが大事だと思います。

自分なんかは栄養相談に来る人に『ジャガイモ食べたら?』なんていう事もありますよ。

その心は?

セミナーをやることがあればお話ししますが・・・

なんかね、とにかく糖尿病だから糖質制限しなさいってのは極端な気がするんです。

料理するときに包丁で指を切るから使うのやめなさいみたいなね?

うまくお付き合いするのが大事だと思うのですが

糖質制限すると胃酸の分泌が低下してタンパク質さえ消化できなくなるというお話しもあります。

そして糖質制限するとセロトニンが減って鬱になりやすいというお話しもありますからね

何事も過ぎたるは及ばざるがごとし

これに尽きると思います。

次回はファミレスのご飯残しのお話し・・・かな?

次々回は5時間糖負荷試験に対する自分の考え・・・のつもりです

福岡でのお話がなかなか書けないなぁ・・・(^_^;)

お口の中から全身の健康を考えるホリスティック歯科医院を目指しているあおい歯科クリニック
あおい歯科クリニックは安全なアマルガム除去を行っております。切削量の少ない虫歯治療法、海外のホワイトニングシステム、オーソモレキュラー医学に基づく栄養療法、プロバイオティクス・サプリメント外来・プラセンタ治療、点滴療法、金属アレルギー検査、フードアレルギー検査等を行っています
副腎疲労症候群、慢性疲労症候群、カンジダ症、セリアック病、ノンセリアック病、リーキーガット症候群、発達障害などでなどでお困りの方もご相談ください。あおい歯科クリニック

登録してみました。よかったらポチッとしてください

健康と医療 ブログランキングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です