とろろ蕎麦やコロッケ蕎麦も決して全否定していません・・・

タイトルだけ見ると炭水化物の宝石箱や~~ありえないとかいって読み飛ばさないでくださいね(笑)

まず栄養面から考えていくと蕎麦はルチン、ビタミンB1,B2、食物繊維、タンパク質
そしてなんといってもフェニルアラニンの豊富さですね。
それと蕎麦はハーブとしての一面もあります。
http://herb.pcwebe.net/2007/08/post_98.html
そば茶はハーブteaって事だったのかw(゜o゜)w今回は撮影の為にコンビニのとろろ蕎麦と立ち食いコロッケ蕎麦を食べました。
美味かった(笑)
理想は10割そばですけどせめて二八蕎麦で小麦は国産のが食べたいですよね?

上の具材はとろろの場合はビタミンB1,ビタミンC、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれています。そしてムチンは粘膜保護と肝臓腎臓の機能を高める役割、そして消化酵素としてタンパク質の分解に役立っています。
アミラーゼも入っていますから炭水化物の消化にも役立っていますね。

ではコロッケの場合はどうか?
通常はジャガイモ中心ですけどこのジャガイモが意外と侮れない食材です。
ビタミンCが多く含まれていてそれも熱に強い!
カロリー的にも高くないしナトリウムを排泄させるカリウムも豊富^^

高尾山の登山口ではとろろそばが名物になっていますがこれ、実はとても理にかなっています。
GI値の高いとろろとGI値の低い蕎麦を組み合わせることによって
まずはとろろでエネルギーを使っていってその後に蕎麦のエネルギーを使っていく・・・
これから登山・・・というよりは負荷が強い長時間の散歩?をする方にはうってつけですね^^
同じ意味では街中にある立ち食い蕎麦屋さんもコロッケ蕎麦もすごいですね。
ジャガイモの高いGI値と蕎麦の低いGI値の組み合わせ・・・
営業で歩いて回るサラリーマンの方にはぴったりの食べ物なのかもしれませんね?
コロッケ蕎麦用のコロッケは結構考えて作られているらしく蕎麦の中で崩れにくいように水分少なめのジャガイモを使用して衣も厚めにしてあるそうです。
とろろそばはこれから暑くなっていく時期ですし、ぜひ冷たい方で食べてください。
ムチンは熱に弱いですので・・・
蕎麦が蕎麦色をした細いうどんという場合もありますのでこの辺りは気を付けなければいけませんけど(^_^;)

もちろん蕎麦アレルギーの人も気を付けて下さいね


水銀含有のアマルガムは発達障害、原因不明のアレルギー、体調不良、うつ、副腎疲労、カンジダ症など様々な病気の原因になりえます。
そして安易なアマルガム除去は大変危険です。
あおい歯科クリニックは安全なアマルガム除去を行っております。切削量の少ない虫歯治療の3Mix法、海外のホワイトニングシステム、オーソモレキュラー医学に基づく栄養療法、プロバイオティクス・サプリメント外来・プラセンタ治療、点滴療法、金属アレルギー検査、フードアレルギー検査等を行っています
副腎疲労症候群、慢性疲労症候群、カンジダ症、セリアック病、ノンセリアック病、リーキーガット症候群などでお困りの方もご相談ください。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です