高タンパク食と糖尿病とマグネシウム

巷ではいまだに糖質制限と言う言葉がもてはやされ実践している方も多いかと思います。
かくいう自分も数年前に実践しておりました。数週間でウエストは細くなるし
身体のキレもよくなってきたしこれってなかなかいいじゃん?なんて思いながら糖質制限の食事をしておりました。ご飯はもちろんラーメン、うどんもそばも食べずにいました。
週平均で子供のご飯茶碗2杯分程度しか食べていませんでした。
でも・・・いっくら糖質制限しても中性脂肪が下がらない・・・
ここでアマルガムの水銀のせいだよという知る人ぞ知る(笑)天の声が聞こえてきて
はっと目が覚めました。
糖質制限していい人と、いけない人がいる。
なぜ糖質を欲しがるか?根本原因を探さなきゃダメ
と思った瞬間、糖質制限という言葉が自分の中で『死語』になりました。
まあ、もちろん糖質制限を全否定はしませんが・・・さて、糖質制限で高タンパク食を勧める先生方はケトーシスを起こしてくれるから低血糖になることはないとの見解ですね。
ま、いいや。これはこれで(笑)後で書きます

個人的に思う高タンパク食の危険性としてはやっぱりアレルギーの問題がありますよね?
乳製品と卵!!そして大豆!!
これらは高タンパクの代表でありアレルギーの大親分みたいなものです。
かといって人間の体の30%くらいはタンパク質でできているのも事実なわけですから摂らないわけにはいかないですね。
それと消化吸収の問題。
タンパク質をしっかりドロドロに溶かしてアミノ酸の状態にできる事が大事になってきます。
じゃないと腸内環境が悪化してきます。

タンパク質って窒素化合物でそれを分解するときには肝臓と腎臓に負担がかかってきます。
そして実は高タンパク食はカルシウムを奪っていきます。
これは乳製品に限ったことではありませんのでご注意を。
そしてやっぱり高タンパク食で不足してしまうのがマグネシウムです。
肉や乳製品、発酵していない大豆を消化するのにはマグネシウムが必要なのです。
そうそう、高タンパク食って肉食中心になると思うのですが脂の分解もマグネシウムが必要です。
ウインナー、ソーセージ、ベーコン、ハム・・・これらの加工食品はマグネシウム不足を引き起こします。

マグネシウムは300以上の補酵素として働いている人間にとってとても大事なミネラルです。
さてそのマグネシウム、最近ではマグネシウム不足が糖尿病の一因だと言われています。
マグネシウムがインスリンの分泌に影響を与えているらしいですから、つまりは血糖コントロールを司るミネラルのひとつなわけですね。もちろん亜鉛、セレン、クロムも大事ですよ(^^)
糖尿病だったり、低血糖症だったりの原因がマグネシウム不足の可能性があるのです。

そうすると・・・
あれ?
糖質制限の高タンパク食でマグネシウム不足になって血糖値のコントロールができなくなって、
さらに糖質を制限して高タンパク食になっていく・・・なんて事になっていなければいいのですが(^_^;)

まあ、自分の体調やここ数日の食事内容を思い起こす時に
ご飯もの控えようとか思ったりもしますので糖質制限を全否定はしません。
現代社会の問題点としては安易に糖質を摂取できてしまえることです。
ラーメン大盛り無料とかね?

糖質制限しなくちゃいけなくなった人だってその原因は人それぞれ!加工食品の食べ過ぎだったりスナック菓子、ジュースはもちろん、アルコール好きな人だったり?
その影響によってミネラルバランスが崩れたり、カンジダ菌が増えたりしてね。その原因を探っていくと案外、いやいや多くの人が糖質制限なんか必要ないかもしれません。砂糖と小麦粉は制限が必要かもしれませんが(制限であって禁止じゃないよ。あ、グルテン過敏症の人とかは別ね)カボチャまで制限するのはやりすぎじゃないかと思う昔からの今日この頃です。
問題なのはカボチャとご飯だけとかそういう食生活だと思うんですよね
この辺りをうまくコントロールできる気持ちを持っていきたいです。
何度か書いていますが制限するのは小麦と砂糖で十分だと思っています。
砂糖と小麦と悪い油をうまく避けていく事が大事。
そして一汁三菜を基本に乳酸菌をしっかり摂っていく事の方が大事な気がします。

さてケトーシスの問題ですが
あるブログで糖質制限否定派の人はケトーシスとケトアシドーシスを混同している
ケトーシスは安全でケトアシドーシスは危険
糖質制限はケトーシスを利用しているので安全だみたいな事が書いてありました。
例えがアルコールをちょっと飲むのにはいいけど一気に飲んで急性アルコール中毒になる可能性がある。
つまりアルコール=急性アルコール中毒と言っているのと同じだみたいなことを書いていました

でもそれって同じじゃん?
糖質は低血糖症や糖尿病の危険性がある。
だから糖質は摂らない方がいいって?
糖質摂らなきゃ血糖値上がらなくて当然だって。
そんな数値だけ見て一喜一憂しちゃ駄目でしょ?
本質を見逃すかもよ?
但し・・・
先ほども書きましたが、スナック菓子、ラーメンブーム、スイーツブーム、ごはん大盛り無料
など糖質まみれの世の中で糖質過多になっているのも事実。
膵臓を休ませるという意味では普段から糖質をコントロールするのはいいことだと思います。
あ、もう一個あった!カンジダ菌を兵糧攻めにする意味でも必要かもしれませんね


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


AD

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です