アマルガムが入っている方に摂ってほしくないサプリメントと安全な除去法


アマルガムの組成の約50%は水銀です。
水銀は人体に様々な悪影響を及ぼします。1.有機水銀に変換して脳・神経系に影響する
2.SH基と反応して酵素活性を邪魔する
3.ミネラル輸送を障害する

このような作用がありますので、アマルガムが口の中に入っている間は
最低限度摂らないでほしいサプリメント、処方薬があります。

それはビタミンB12、αリポ酸、鉄剤の3つです。

ビタミンB12は試験管内の実験、ネズミの実験では安全だとされていますが
有機水銀に変換された後に血液脳関門を通って脳に蓄積します。
生体内では簡単に有機水銀になりますので気をつけた方が良いでしょう。
筋肉注射ならば安全と思われます。

αリポ酸は脳に蓄積した水銀を剥がす唯一のサプリメントとの事ですが
性質が水溶性と脂溶性の2つあります。
水銀は脂肪との親和性が強いためやはり、血液脳関門を通って脳に蓄積する恐れがあります。

デトックス、キレート作用のあるサプリメントはアマルガムから水銀をひっぱり出してきて
蓄積の手助けをしますのでこれらのサプリメントも気を付けなければなりません。
もちろん点滴によるキレーションも危険性を伴います。
鉄剤はアマルガムがある限りは腸内でカンジダ菌の増殖の手助けをしますので積極的な摂取は
避けるべきです。
さて、ではアマルガムは危険だからさっさと取ろう・・・と無防備で安易な除去すると
水銀ガスが大量に発生して急性の水銀中毒になりかねません。
当院では高濃度ビタミンC点滴療法学会のマニュアルに沿って安全なアマルガム除去を行っています。
手順
患者側の対策
1.ラバーダムというゴムのカバーを特殊な方法で隙間もしっかり埋めていきます。
これで除去中に水銀を飲み込まないようにします
2.大型の吸引器で水銀ガスを吸い取っていきます
3.活性酸素の大量発生に備えて高濃度ビタミンCの点滴を行いながら除去をします
4.万が一水銀のカスを飲み込んだ時の為に施術前に水銀を吸着させるサプリメントを飲んでいただきます

術者側
1.オペ着、帽子、ゴーグルの着用
2.水銀専用のガスマスクの着用
をして除去を行います。

その他、細かい配慮もあるのですがここでは省略させていただきます。

大げさと思わないでください

大げさだと思うかもしれませんが
専用のガスマスクの吸収缶のインジケーターが茶色くなっているのがお分かりでしょうか?

通常は薄茶色です

濃い茶色になっているのがお分かりでしょうか?

これだけ水銀ガスを吸っているという事です。
半年(約50本の除去)で交換時期が迫っています。
実はガスマスクの使用にちょっとしたコツがあるのですが
除去開始当初はガスマスクの扱いに慣れていなかったせいもありますが
通常80時間以上もつはずの吸収缶が早いうちに交換時期になって
いるのです。それだけ水銀ガスが発生しているという事でもあります。
アマルガムに入っている水銀は約25度で気化し水銀ガスとなります。
それはタバコの熱、熱い飲食物、はてはかみ合わせただけで水銀ガスの発生の
恐れがあるという事です。
ですので歯科用のドリルで安易にアマルガムを除去しようとすると大量の水銀ガスが発生します。カバーをしないで除去を行うと水銀の削りかすを飲み込む恐れがあります。

水銀ガス発生の動画です。
消しゴムで軽くこすっただけで水銀ガスが発生しているのがお分かりになると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=9ylnQ-T7oiA#t=85

ご自分の口の中にアマルガムがあるか心配な方はお気軽にご相談ください。


あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


 
第15期分子栄養学実践講座が始まります7月31日まで割引だそうです 詳細とご購入はこちらをクリックしてください。ここから申し込んだ場合、口腔内チェックのサービスがあります

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)