安全なアマルガム除去の方法ーアマルガム除去は終わりではなく始まりですー

2013年8月のアメブロ記事でした。当時はまだここぐらいしか安全な除去セミナーをやっていませんでした。今はIAOMTというスタディグループ?の方法に則って行っています。
http://iaomt-asia.com/


何度も書きます。アマルガムは水銀でできています。猛毒の水銀です。

安全なアマルガムの除去といわれる方法にもそれぞれの先生の考えがあるのですが

最低限度として術者側にはガスマスクとオペ着の着用は必須です。

また患者側にはラバーダムというゴムのカバーと口腔外バキュームという大型の

吸引装置が必須です。

最低限度としてこのような事もしないで安全な除去はできません。

ここから先で考え方が変わってきます。

私は高濃度ビタミンC点滴療法学会が推奨する安全なアマルガム除去方法が

術者側も患者側も最も安心・安全だと思っております。

中途半端な知識で真似をされても困りますのでここには詳細は書きません。

栄養療法の知識とミネラルバランス、腸内環境の知識も必要です。

アマルガムが入っている患者の現在の体調を考えなくてはいけません。

アマルガム除去は終わりではなく始まりです。

水銀のせいで精神状態、血圧、心血管状態はもちろんミネラルバランス、腸内環境

が悪くなっています。血液検査や尿検査では正常範囲でも高い方や低い方に

ぶれていたりします。

コレステロールちょっと高いね?とか、中性脂肪ちょっと高いよね?とか、

血圧ちょっと高めだよね?とかHbA1cがこれ以上上がると糖尿病だよ?とか

他にも頻脈、不整脈時々あり。偏頭痛、肩こり、疲れ目、視力低下、冷え症、

手足のしびれ疲れやすいなどなど。女性では子宮関係にいろいろ問題が出ることがあります。

アマルガムのせいでミネラルバランスと腸内環境は悪くなっています。

ミネラルバランスと腸内環境が崩れると様々な体調不良を引き起こすのですが

これらの検査は国内ではやっておりません。したがって保険診療の範囲でもありません。

これらの値を正常に戻すのが最終目的と思っています。

あの血液検査の正常範囲というのも鵜呑みにはできないのですが・・・

このように除去しただけではまだ一安心の段階です

ですので安全なアマルガム除去を求めている方々はこれらの検査をやるやらないに関わらず

この辺りまで考えている歯科医院での除去をお勧めします。

栄養療法は奥が深いので私もまだまだ勉強中なので偉そうなことは言えないのですが(;^_^A

$あおい歯科のブログ術者側の標準装備です。これぐらいしないと術者の水銀暴露の可能性があります。2018年現在はもっと重装備、福島原発の建屋に入るであろうかという装備です。

 

 

$あおい歯科のブログ手前味噌ですがこの修了証は一つの目安になると思います


 

あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、
プラセンタ、プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です