口の中で電気を作っている

ガルバニー電流という言葉をご存知でしょうか?

以前トリビアの泉でアルミホイルを咬むとピリッとするてのがありましたが

あれです。

本屋さんで売っている『レモン電池の実験』が24時間365日口の中で起こっているのです。

同じ種類の金属ならば発生は無いか非常に少ないのですが、

実は一般的な銀歯は合金のため電位差が生じやすくなっています。

異種金属・・・例えば金歯と銀歯などの場合は電位差が大きいため電流が多く発生します。

中でも厄介なのがやっぱりアマルガム

水銀化合物のため、ズバリ口の中が水銀電池状態なんです。

また、このアマルガムは電磁波を受け止めるアンテナの役目を果たしているのでした。

困ったことにこのガルバニー電流でアマルガム水銀を溶出してしまうので悪循環になっているんです。

さて、そんなガルバニー電流や電磁波の影響として心臓への影響、眼球運動障害、眼けん痙攣、

顎関節症、頭痛、肩こり、歯痛、耳鳴り、めまい、不眠などがあげられます。

痛を訴えて来院する方の中に虫歯はないけれどもアマルガムが

たくさん入っている方がいます。口の中で電気を作ってそれが歯の神経を

刺激することによって虫歯と勘違いするようです。

アマルガムの影響でこんな動画を見つけました

http://www.youtube.com/watch?v=Z0wCxPx5y7A



あおい歯科クリニックはIAOMTのプロトコールに準じたアマルガム除去。
切削量の少ない削らない虫歯治療(ドックベストセメント、カリソルブ)、点滴療法、水素吸引、

プロバイオティクス・サプリメント外来・栄養療法外来も行っています。
お口の中から全身の健康を考えるあおい歯科クリニック


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です